古い機械

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
スマホ

アナログ回路は健在
 デジタル信号処理の発達によって電子機器の技術的な品質は格段に向上してきました。
 電子機器の回路はそのほとんどがデジタル信号処理で行なわれており、電子回路規模も急速に縮小してきました。
 一方で、音声通信で用いられるマイクやスピーカー、映像撮影用のカメラ、電波を発する送信回路や電波受信のための受信回路、有線通信における電気信号の送受信回路などには、いまだにアナログ回路が用いられています。
 これらはすべて、電気信号を直接用いるためにアナログ信号処理は欠かせない要素技術なのです。
 デジタル化は進んでも、アナログ技術が全くなくなる事は当面ないと考えていいでしょう。

無線

デジタル式通信機
 デジタル式無線機は、大きく情報のデジタル変換・復帰機能と、デジタルデータを搬送するデジタルとアナログの混合処理で成り立ちます。
 通信を行ないたい情報がアナログの場合には一旦デジタルデータに変換します。
その後データ容量の縮小を目的とした圧縮を行ないます。
 通信目的が数値データなどの場合は、そのままあるいはデータ容量の圧縮を行ないます。
 圧縮データはデジタル信号処理を用いた搬送技術とアナログ信号処理を用いたRF技術などをもって無線通信あるいは有線通信を行ないます。
 伝送データの搬送にはやはりアナログ処理は必須です。

仕事する

アナログ式通信機
 アナログ式無線機は、相互通信したいアナログ信号を直接搬送波にのせて送信したり、情報を含んだ搬送波から搬送波を取り除くことで情報を得るなど、技術理論も高度に複雑なことはなく無線通信機としての機能を構築する事ができました。
 一方で、送信機の役割として不必要な情報までがノイズとして搬送波に混入すること、搬送中に混入する搬送ノイズ、受信機の機能として情報を含んだ搬送波から情報を取り出す際に情報へ混入するノイズ、等々、さまざまな要因でノイズが混入する問題が発生していました。
 特に受信機においては、受信機が受信した情報の品位が低いため、受信機として利用できないようなものもありました。

無線・調べる

受信機について
火事や空き巣などの不法侵入を防ぐ通信機器として受信機があります。
防犯関係の商品として使用されることが多い受信機は、送信機と合わせて使用することでより高い効果を発揮できます。
また携帯電話やスマートフォンなどに情報を登録しておけば、自宅にいなくても来訪者の確認が取れる受信システムもあります。
防犯センサーとしても使用頻度が高く、窓ガラスの破壊行為により反応するタイプや、赤外線のビームに触れると警報がなるレーザータイプなど、警戒する場所や状況に応じた防犯グッズがあります。

無線・めがね

送信機について
送信機とはテレビなどを通して情報伝達信号を周波エネルギーとして外部へ送る通信機器です。
テレビの他には交通整理や政治家の演説などのマイクや拡声器として、この送信機が使用されることがあります。
自宅のインターホンの技術としてもこの送信機が使われており、市民の生活に浸透していると言えます。
最近ではインターネットなどで購入も可能となっており、防犯機器としての商品開発も続々と行われているので、送信機はより身近な通信機器と変わっていきます。